2018年1月15日月曜日

グスターボ・デュダメル指揮ウィーン・フィル コンサート



ウィーンはようやく寒くなってきて、週末から氷点下で昨日は雪でした。

さて、先週の木曜日 1月11日に妻と次女と3人でグスターボ・デュダメル指揮ウィーン・フィルのコンサートに行ってきました。会場は楽友協会大ホール。プログラムは、マーラー10番第一楽章「アダージョ」とベルリオーズの幻想交響曲。このブログを読んでいただいている方はご存知かと思いますが、我が家は一家そろってグスターボの大ファン。長女は年明けに早々とオランダの大学に戻ったのですが、次女は、このコンサートのためにイギリスの大学に戻る日を1日遅らせて、空港から直接講義に行くだという入れ込み様。

いつも通りの素晴らしい演奏でした。マーラーは金管が特にすばらしく、ウィーン・フィルのようなトップクラスのオーケストラでなければあのような演奏はできないであろうと思いました。ベルリオーズは気のせいか、出だしがちょっとだけ危ういような感じ、でも第3楽章あたりからは完璧な演奏で第4、第5楽章は演奏、音響ともに圧巻でした。あのようは音はライブで無いと聴けませんね。


先日、出勤途中に通ったグラーベン通りではクリスマス・イルミネーションの片付けが行われていました。娘たちもそれぞれ大学に戻り、妻と二人、エンプティーネスターの生活に戻ります。

2018年1月6日土曜日

JSPC Audio Accessories システムエンハンサー SE1-USB とシステムエンハンサー専用USBケーブル UOC-SE




こちらでは1月2日から通常に営業日で、わが組織のオフィスも開いているので二日から出勤、クリスマスマーケットが跡形も無く片付けられて、こころもち人通りもへった、街を通り、まだ休暇から戻っていない職員のおおい、静からオフィスに行くとちと寂し感じがします。でも、スポーツ/フィットネス・クラブだけは、新年の決意をしたらしき大勢の人たちでとてもにぎわっていました。

今週のウィーンは季節はずれの暖かさで、昨日は12度まで気温が上がり、なんか、気分が乗ってきません…。

さて、上の写真は、先月帰省した折に買ってきたJSPC Audio Accessories システムエンハンサー SE1-USB です。 音楽再生用に使っているMac MiniのLANケーブルをテレガートナー端子付きのSUPRA CAT8に替えてから(こちら)、どうしてもストリーミング音源の方が、外付けHDD/SSD音源よりいい音に聴こえてくるので、どうしたものかと悩んでいたので、試してみることにした次第。一緒にシステムエンハンサー専用USBケーブル UOC-SEも購入しました。

「高機能なものをお求めやすく」という社是を掲げているだけあって、JSPC Audioのアクセサリーは、これだったらいいかな思うリーズナブルな価格設定。実際に届いた製品は、がっしりと重たく、文句なしの仕上げ、これだけでも価格以上のクオリティーが感じられます。

ウィーンに戻り、我が家のステレオをしばらく音楽をかけてならしたのち、SE1-USBをMacMiniにつないでみました。すると、しょっぱなからはっきりとわかる音質の向上にビックリ!音がよりスッキリと自然な感じで、低域のいわゆるマッシブ感が格段に向上、ピアノや交響曲の再生がよくなりました。低域に関して特筆すべきは、MacMiniを通して観るストーリミングの映画のlow-frequency effects (LFE) 効果が抜群に良くなったこと。我が家では、ステレオ(2ch)のメインシステムを動画再生にも使っていますが、今までにない迫力で、まるでLFE用サブウーハーを使っているような感じが出るようになりました。

一見音質に関係のなさそうな箇所でも、こんなに音質向上に貢献するもんだと、つくづくとオーディオというのは不思議だなあと、再認識しました。

それなりに音源・機器・アクセサリーによる音の違いがはっきりとわかるオーディオシステムを持っていて、デジタル/PCオーディオの音源再生環境をある程度詰められた方にはおすすめ。とても有効なアクセサリーになると思います。


JSPC Audio Accessories のサイト:http://jspcaudio.net/index.html

オンラインショップ、システムエンハンサー SE1-USBのページ:http://www.shop-jspcaudio.net/shopdetail/000000000039/


オンラインショップ、システムエンハンサー専用USBケーブル UOC-SEのページ:
http://www.shop-jspcaudio.net/shopdetail/000000000049/





2018年1月2日火曜日

オペレッタ 『こうもり』


明けましておめでとうございます!

大晦日の夜は、久しぶりに揃った家族全員でヨハン・シュトラウス2世のオペレッタ 『こうもり』を観てきました。会場はVolksOper。ウィーンでは年末・年始にこのオペレッタを見に行くことが恒例の行事となっているようです。監督・指揮および主なキャストは以下の通り:

監督・指揮:Gerrit Prießnitz
Gabriel von Eisenstein:Rainer Trost
Rosalinde:Ursula Pfitzner
Adele:Beate Ritter
Ida:Juliette Khalil
Dr. Falke:Marco Di Sapia
Prinz Orlofsky:Martina Mikelić
Alfred:Vincent Schirrmacher
Iwan:Mamuka Nikolaishvili
Frank:Martin Winkler
Frosch:Robert Meyer
Dr. Blind:Christian Drescher

今回の公演は、知り合いのオペラ歌手、Rainer Trostが出演するので行くことにしたのですが、とても面白く、アドリブでお笑いの台詞も多く追加されていたので、ドイツ語が堪能な娘たちにはとくに大うけで した。Trostさんは、いままではAlfredが持ち役でウィーン国立歌劇場でも良くその役で出演していましたが、年齢あった、アイゼンシュタイン男爵を初めてやるので、そういう場合は、ちょっと格下の劇場でまず演ずるのが慣例とのことでした。しかし、『こうもり』のようなドタバタでコミカルなオペラッタは、国立歌劇場のようにかしこまったところでなく、VolksOperのようにこじんまりとした肩がこらない劇場のほうがあっている感じがしました。

オペレッタ 『こうもり』にかんして:ウィキペディア

2017年12月29日金曜日

Season's Greetings from Wien


Graben通り

今年も僕のブログを読んで下さりありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。よいお年をお迎えください。

 FreyungのBio (有機)クリスマスマーケット
プンチ・ホットワインスタンド (Schottentor)
Palais Ferstel Passage
Herrengasse

クリスマスツリー売り(Schottenkirche)

Cafe Landtmann